繁殖馬セール出身馬の産駒がレパードステークス優勝!!

8月5日、新潟競馬場で行われたレパードステークス(G3・ダ1800m)は、内田博之騎手騎乗のグリム(馬主:(株)カナヤマホールディングス様、野中賢二厩舎、生産:㈲服部牧場様)がハナを切り直線に向くと、後続馬に外から詰め寄られるも、そこからもひと踏ん張り粘りに粘って追撃をクビ差でおさえて重賞初制覇を飾りました。ダート界で多くの名馬を輩出した出世レースを制し、秋以降、益々の活躍の期待が高まります。 
 
関係者の皆様に心よりお祝い申し上げますとともに、今後の更なるご活躍を祈念いたします。

なお、グリム号の母であるブランシュネージュ号は、2013年秋季繁殖馬セールに上場され、㈲服部牧場様が落札・ご購買されました。

―次回の繁殖馬セールは10月24日(水)開催!!―

アロースタッド繋養馬レッドスパーダ産駒、JRA初勝利!!

7月28日、新潟競馬場で行われた2歳未勝利(芝1400m)において、アロースタッド繋養新種牡馬レッドスパーダ産駒のナーゲルリング号が父譲りのスピードでハナを切ると直線でも後続を抑えて初勝利を決めました。この勝利が嬉しい産駒、JRAでの初勝利となりました。

レッドスパーダは、京王杯スプリングカップなど重賞3勝を制したタイキシャトル産駒の快速マイラー。近親には、ドバイワールドカップを制したカーリンがいる良血馬です。

―今後もレッドスパーダ産駒の活躍に、ぜひご注目下さい―

アロースタッド繋養馬産駒のセール成績(セレクションセール)

7月17日に北海道市場にてセレクションセールが開催されました。

今年もたいへんな賑わいで活発な取引が行われました。その中でアロースタッド繋養種牡馬の産駒も上場されていましたので、結果をお知らせいたします。

<グランプリボス>

No.37  牡 母バルスピュール 500万円

No.115 牡 母サンドピクチャー 600万円

<サウスヴィグラス>

No.9   牡 母ファイトソング 2,100万円

No.34  牡 母ユーワパンドラ 1,500万円

No.45  牡 母スペシャルリボン 1,550万円

No.54  牡 母レインオアシャイン 900万円

No.136 牡 母ソラコマチ 1,400万円

No.162 牡 母サニーロック 2,100万円

<シニスターミニスター>

No.103 牡 母ナムラナデシコ 1,000万円

No.109 牡 母サンドハーブ 650万円

No.153 牡 母キタサンエデン 700万円

No.165 牡 母テレキネシス 750万円

<スズカコーズウェイ>

No.65  牡 母スズカエルマンボ 1,500万円

<ワールドエース>

No.174 牡 母プルーフオブライフ 1,000万円

8月20日のサマープレミアムセール、8月21日~8月24日のサマーセールにも当場繋養馬の産駒が多数上場される予定です。ご注目ください!

アロースタッド繋養馬産駒のセール成績(セレクトセール)

7月9日、10日にノーザンホースパークにてJRHAセレクトセールが開催されました。

総取引価格が史上最高を今年も更新するなど、活発な取引が行われました。その中でアロースタッド繋養種牡馬の産駒も上場されていましたので、結果をお知らせいたします。

<サウスヴィグラス>

No.508 牡 母ハッピーヴァリュー 1,000万円

<シニスターミニスター>

No.476 牡 母エポカブラヴァ 1,900万円

<ワールドエース>

No.118 牝 母ティッカーコード 3,900万円

No.163 牡 母ミスエアクラフト 3,000万円

No.518 牡 母トップモーション 2,700万円

 

次週のセレクションセールにも当場繋養馬の産駒が多数上場される予定です。ご注目ください!

 

アロースタッド繋養馬レッドスパーダ産駒、地方競馬初勝利!!

6月20日、ホッカイドウ競馬場で行われたJRA認定フレッシュチャレンジ競走(ダート1000m)において、アロースタッド繋養新種牡馬レッドスパーダ産駒のクラヴィスオレア号が父譲りのスピードでハナを切ると直線でも後続を抑えてデビュー勝ちを決めました。この勝利が嬉しい産駒、初勝利となりました。

本馬を含むすでに出走している産駒2頭のうちの1頭であるナーゲルリング号は、6月16日の2歳未勝利(東京競馬場 芝1400m)にて2着と次走での初勝利の期待がかかります。

レッドスパーダは、京王杯スプリングカップなど重賞3勝を制したタイキシャトル産駒の快速マイラー。近親には、ドバイワールドカップを制したカーリンがいる良血馬です。

―今後もレッドスパーダ産駒の活躍に、ぜひご注目下さい―

海外代理購買繁殖牝馬の産駒が函館スプリントを制覇!

6月17日、第25回函館スプリント(G3・函館競馬場芝1200m)におきまして、セイウンコウセイ(馬主:西山茂行様、美浦・上原博之厩舎、生産者:桜井牧場様)が優勝しました。関係者の皆様に心よりお祝い申し上げます。
1枠1番から果敢に先頭を奪うと直線では追い込みにかけた後続馬を鼻差振り切って2017年高松宮記念以来1年4カ月ぶりとなる勝利を飾り、スプリントGⅠ馬の実力を如何なく発揮しました。

なお、セイウンコウセイの母オブザーヴァントは、2004年タタソールズ12月セールにて、生産者の桜井牧場様に弊社 を通じて購買いただいた繁殖牝馬です。

今年も、海外繁殖馬セールにご注目下さい。

代理購買外国産馬が安田記念制覇!

6月3日、東京競馬場11R安田記念(G1・芝1600m)におきまして、連闘で挑んだモズアスコット号(牡4歳、馬主:キャピタル・システム様、栗東・矢作芳人厩舎)が、中団からレースを進め、直線で馬群の間から脚を伸ばして見事優勝。重賞初制覇を初挑戦のG1で飾りました。タイム1分31秒3(良)はコースレコードタイ。

関係者の皆様に心よりお祝い申し上げます。

モズアスコット号は2015年米キーンランド9月セールにて、弊社を通じて購買されました。父Frankel、母India、その父Hennessyという良血。今後の活躍をお祈り致します。

シニスターミニスター産駒についに芝重賞勝ち馬誕生!!<葵S>

5月26日京都競馬場11Rの新設重賞葵Sにおきまして、ゴールドクイーン号(牝3歳、馬主:加藤充彦様、栗東・坂口正則厩舎)が見事に逃げ切り勝ちを収めました。関係者の皆様に心よりお祝い申し上げます。

同馬の父シニスターミニスターにとって初の芝重賞勝ち馬が誕生しました。ダートだけでなく芝での活躍馬が出たことにより、種牡馬としての可能性が大きく広がることとなりました。

シニスターミニスターはアロースタッドにて好評繋養中です。