28

トップスカーレット

写真クリックで拡大表示

 本馬はデビューから2戦目の芝1400mで勝ち上がった、仕上がり早でスピード能力に秀でた馬でした。スルーオールから広がる母系は活躍馬にあふれており、オープン馬や重賞入着馬も多数います。配合面では、本馬の特徴である仕上がりの早いスピード能力をさらに活かそうと、ヨハネスブルグやヘニーヒューズを種付してきました。今年は人気種牡馬ヘニーヒューズを受胎しており、ますます期待が持てると思います。

 

服部牧場 服部健太郎

47

マリアージュ

写真クリックで拡大表示

 本馬は現役時、長期休養など取ることなく丈夫さを武器に中央競馬で通算36戦4勝、獲得賞金6675万円を稼ぎました。母になってからも初子から2勝を挙げる産駒を出しています。 気性も良く、飼養管理には全くと言っていいほど手がかかりません。 本年は新種牡馬コパノリッキーを受胎しており、ダートで4勝を挙げた本馬との相性は抜群なはず。祖母に凱旋門賞馬オールアロングの血を持ち血統面でも魅力もあります。

 

有限会社 矢野牧場 矢野亨憲 

48

マドモアゼルシッシ

写真クリックで拡大表示

 本馬は兄に米2歳チャンピオンのデヒアを持つ良血馬。 母としては特別2勝を含む3勝を挙げている現役馬サブライムカイザーが代表産駒となります。本年は牝馬を初めて産みましたが、それまでは10年連続で牡馬を産み続けました。今後も牡馬を産む可能性が高いのかもしれません。

 

有限会社 矢野牧場 矢野亨憲

83

ラサンバ

写真クリックで拡大表示

 オーストラリアの名門アローフィールドが誇る看板牝系の出です。兄弟に香港スプリント、オーストラリアギニー制した2頭のG1勝馬がおり2歳チャンプ、ドラキュラも近親です。主だった産駒は現3歳ラカマロネス、中央2着2回ですがこれからの繁殖です。

 

高山牧場

91

ネーラペルレ

写真クリックで拡大表示

 Bayaから連なる名牝系の出身です。近親にはフリオーソ、ルナフォンターナなど芝、ダート、距離などを問わず活躍馬が多数、本馬の父キングカメハメハハは母父としても既にワグネリアンやモズカッチャンを輩出し、次代のリーディングBMSの筆頭です。初仔のピンクペルレは新馬戦5着後、折り返しの未勝利戦で3着。勝ち上がるのも時間の問題と思わせるような内容です。年齢も若くまだまだこれからの活躍が期待される繁殖です。

 

 恵比寿興業株式会社那須野牧場 

92

バージニアキャット

写真クリックで拡大表示

 本馬はダート1200mで勝ち鞍をあげています。兄にThree Wonders、Distilledという2頭の種牡馬を擁する良血馬です。アメリカ産らしい筋肉質な体つきは繁殖牝馬となった今でも健在で非常に美しい見栄えのする馬体です。3番仔のスクリーンヒーロー産駒はセレクトセール当歳に上場し税込み2052万円という評価を受けております。初仔から5年続けて出産しており、とまりも良好で仔出しに恵まれている繁殖です。

 

 恵比寿興業株式会社那須野牧場 

113

ショウナンガッド

写真クリックで拡大表示

 兄弟に2頭の重賞勝ち馬、1頭の重賞入着馬がいる活力のある 血統です。 母シャンランに1番似ており、整った体型、顔をしています。 当歳をとても可愛がり、とても面倒見がいいです。 産駒は骨量豊かでしっかりとした体格になる傾向があります。 2番子のアンジュシュエットは2勝上げながら、故障のため、 底を見せることなく引退しましたが、その初子から勝ち上がり、 伝えるべき遺伝子をしっかり秘めていることをうかがえます。

 

有限会社 桑田牧場  桑田美智代

157

ビリーブユアセルフ

写真クリックで拡大表示

 デビューから2連勝でG2スイートエンブレイスSを制し、無敗のまま世界最高賞金を誇る2歳G1・ゴールデンスリッパーSに駒を進めました。大外2番枠、不良馬場と、不利なコンディションながらも、今夏日本での活躍が記憶に新しいB.アヴドゥラ騎手を鞍上に2馬身差の4着に追い込みました。本馬の大活躍を受けて全弟妹は、それぞれシャドウェルに47万ドル、ブラックキャビアのピータームーディー師に25万ドル、オーストラリア屈指の大牧場サンスタッドに30万ドルと、いずれも世界的なホースマンに高額落札されている注目の血統です。同じファミリーには天皇賞2勝のフェノーメノ、ジャパンカップ2着のインディジェナスがおります。                関口智弘

 

  

189

ターフデライト

写真クリックで拡大表示

 11月の東京開催で新馬勝ち、G2フローラSで4着の実績馬です。なかなか歯車が噛み合わず最終的に2勝にとどまりましたが、新馬勝ち後にジョッキーからは素晴らしい乗り味であると絶賛していただいた馬です。黒光りする馬体の雰囲気も素晴らしく、発達した肩回りの筋肉には目を見張るものがあります。現時点で競走年齢に達した産駒はいませんが、まだまだ若くこれからの活躍が期待される繁殖です。 

 

 恵比寿興業株式会社那須野牧場 

190

トゥルヴァーユ

写真クリックで拡大表示

 自身はダイワメジャー産駒らしく雄大な馬格を誇っており、芝のレースで2着3回、ダートの未勝利戦で勝ち上がりと芝ダート問わない活躍をしておりました。既に出産した3頭、どの馬にも体の大きさがしっかりと遺伝され、繁殖入りしてから休むことなく馬格に恵まれている子供を出産してくれています、とまりも良好で優秀な繁殖です。性格も穏やかで扱う上で特に苦労することなどはありません。

 

 恵比寿興業株式会社那須野牧場